お葬式の服装のストッキングは黒?ベージュ?

Pocket

お葬式は、亡くなった故人をとむらって見送るどこの国でもある大切な儀式の一つです。

お葬式時の服装は、本来喪服と言われるものを着用します。

喪服には正式と略式があるのはご存知でしょうか?

正式と略式にはそれぞれ、洋式の喪服と和式の喪服がありますが、今は洋式の服装が主流ですね。

今主流である洋式の正式喪服の場合、男性であればモーニングスーツやタキシードです。

女性であれば、肌の露出を控えるために原則長袖で、スカートはひざ下丈のものがいいとされています。それにストッキングですね。

金属や光るものがタブーとされていますので、ベルトのバックルやボタンなどが布で隠れて見えなくなっているものが葬式での正式喪服となっています。

そして女性の場合ストッキングを着用します。

黒のアンサンブルになっているものを正式な服装として、1着持っておくといざという時に便利ですよね。

訃報は突然に届くものですので、お通夜やお葬式となってから服装を準備するのも大変ですね。

略式のお葬式時の服装は、黒以外でも暗めな色(濃いグレーや紺色など)といった色でワンピースやパンツスーツが一般的とされています。

正式な喪服を着るのは、喪主や親族のみとなっていますので、それ以外は略式の服装で行くのが一般的です。

女性の場合、お葬式の服装はワンピースが多いかと思いますが、ストッキングは黒とベージュどちらを履きますか?

ベージュのストッキングは、普段から履いてる方もいますし持っている方も多いと思います。

黒のストッキングは、喪服も黒だし黒で良いのではないかと思うかと思いますが、こちらもまた正式と略式では変わってくるのでしょうか?

ストッキングは正式な場に履いていくのは常識ですが、場所によってやはりベージュを履くべき場やそうでない場もありますし、常識的にはベージュを履いていても良いのでしょうか?

やはり何かあってからでは遅いので、事前にストッキングの色もベージュか黒か、知っておいたほうが良さそうですね。

そこで今回は、『お葬式の服装のストッキングは黒?ベージュ?』を調べてみました!

【スポンサードリンク】

お葬式の服装って?

先ほども話しましたが、お葬式には正式略式とがあります。

和式と洋式に上下の格差はありません。
略式を着用するのが一般的と言えます。

については、当たり前ですがサンダルやブーツは禁物です。黒系のシンプルなパンプスや靴を履きましょう。

手袋黒色のものにしましょう。
お焼香の時には外すのがマナーです。

ハンカチについても、色のついたものはNGです。黒色が白のフォーマル用のものを選びましょう。

についても、黒や紺など暗めの色を持ちましょう。

髪型については、なるべく黒、または暗めのものを使いまとめるようにましょう。
色がついたものはNGです。
香水なども控えます。

ちなみに子供の場合は、年齢に関わらず制服があれば制服で行くのが常識的な礼服となります。

お葬式の他にも、お通夜、告別式、法事なども制服となります。

制服がない場合は白シャツに黒や紺やグレーなど暗めな色のスカートやズボンを合わせ、同様に暗い色のブレザーやベスト、カーディガンを合わせましょう。

髪型については、長い髪の毛は束ねるようにしましょう。
髪飾りは付けてはいけません。

靴下については、白か黒の無地のものでレースやフリルが目立つものも避けましょう。

【スポンサードリンク】

ストッキングは黒?ベージュ?

実は、お葬式にベージュのストッキングを履いていっても間違いではないんです。

ただし、子供や制服の場合を除いてやはり黒を基調とした服装のために、なるべくなら黒のストッキングを着用した方が良いかもしれません。

マナーや礼儀作法の本によってもお葬式には黒のストッキングと書かれたものもあれば、ベージュでも可と書かれたものもあります。

ですのでストッキングについてはベージュか黒どちらでも構わないということになります。

ただ、考え方によってもベージュはおかしいという考えの方も中にはいらっしゃるので、親族であれば周りに聞いてみるなどした方がいいかもしれません。

忙しい時にこんなこと聞けない、という方は無難に黒で行った方が良さそうですね。

まとめ

いかがでしたか?『お葬式の服装のストッキングは黒?ベージュ?』
無難なのは黒いストッキングだということがわかりましたね。

お葬式はしょっちゅうあるものではありませんが、いきなり準備することになる儀式です。

いつ何があるか分かりませんので、事前の下調べは重要です。

【スポンサードリンク】

使いそうな喪服などは家に一つはあった方が良いのではないでしょうか。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年11月2日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:Uncategorized 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ