タバコとコーヒーの口臭気になりませんか?口臭対策をしましょう。

Pocket

コーヒータバコのニオイって気になりますよね口臭対策って何かないのでしょうか。

タバコというよりタバコの口臭が気になりますよね。
コーヒーとタバコの口臭対策って何か良いものないでしょうか。

タバコだけでなくコーヒーなんかも口臭の原因になるし口臭対策が知りたいところです。

コーヒーは、ニオイが部屋に付かなないけれどタバコに関して洋服にもニオイが付いてしまいます。

タバコは吸わない人が近くにいると避けるのがマナーですけれど、コーヒーに関しては避けてもらえませんので自分で口臭対策してもらいたいものです。

タバコとコーヒーの口臭って本当に何とかなりませんでしょうか。

そこで今回は『タバコとコーヒーの口臭気になりませんか?口臭対策をしましょう。』と題し詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

タバコとコーヒーの口臭

コーヒーやタバコのような刺激物口臭の原因になります。

逆を言えばコーヒーやタバコのような刺激物を口にしなければ口臭は抑えられるということです。

基本的にタバコやコーヒー自体、ニオイますが、それ以前に、刺激物が歯に付着していると、これが口臭の原因となります。

タバコとコーヒーは口臭の原因ですが特にコーヒーは利尿作用が強いので水分不足になりがちです。

水分不足になると当然、唾液の分泌も抑えられます。

唾液の分泌が抑えられれば当然、口臭の原因となります。

特にコーヒーに関してはミルク砂糖多量に入れると、口内に残りやすいため、これが口臭の原因となります。

タバコの口臭対策

タバコの口臭対策は、やはりヤニつまり、タールやニコチンです。
このタールが口臭の原因になります。

タールが歯や舌に付着して時間が経過すると口臭の原因になります。

歯や舌に付着するだけでなく、タールは腸内にも付着するので、問題は口臭だけでは無いと言えるでしょう。

ニコチンは、血液の循環を悪くする働きがあるため、唾液の分泌を弱めます。
唾液の分泌が弱められると、やはり口臭が発生します。

タバコは、タールにしてもニコチンにしてもニオイの原因となるため、口臭を気にする人は、タバコをとにかく止めましょう。

とっさに口臭対策をするには、とにかく深呼吸をすることです。

5分でも10分でも、できるかぎり、口臭を消したいと思ったときは、この口臭対策が効果を発揮します。

【スポンサードリンク】

とにかくすぐ消したいというときは、とても効果的な口臭対策です。

もしタバコを吸うのであれば、喫煙後に、舌を磨く、歯を磨く、うがいをする。水分補給です。

舌を磨くときは、歯ブラシを使い舌を磨くのでなく、舌用のスポンジやガーゼなどで、舌を拭き取るようにしましよう。

うがいをするときは、できるかぎり冷水を使わず、ぬるま湯か、マウスウオッシュを使うようにしましょう。

うがいでなくても緑茶や、ほうじ茶などを口に含むというのも効果的です。

緑茶などに含まれるカテキンが口臭を抑えます。
カテキンには、口臭の発生を抑える働きがあります。

普段から、優先的に緑茶など、日本のお茶を飲むようにして、口臭を抑えるようにしたいものです。

水分を取り入れて口臭を抑えるときは、白湯などで体を温めると効果的です。

水分補給が、口内の乾燥を防ぎます。
口内の乾燥を抑えることで、唾液の分泌を促進します。

水分補給により、唾液の分泌と、水分による、口内の付着物を取り除くことにより口臭を防ぐことになります。

これだけで、かなり口臭対策になります。

まとめ

いかがでしたか?『タバコとコーヒーの口臭気になりませんか?口臭対策をしましょう。』
タバコやコーヒーの口臭対策は、緑茶など比較的、手に入りやすいもので、できることが分かりました。

水分補給だけで口臭対策になるのは驚きです

【スポンサードリンク】

ぜひ普段から、タバコ、コーヒーなど口臭には気をつけていきたいと思いますね。それではまた。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月25日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー: 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ