正しい洗顔方法で肌トラブルを防ぐ!朝は水だけの洗顔が良い理由

Pocket

………………………………………………………

みなさんは朝、洗顔をしますよね。朝、洗顔をする方法は水だけの人や洗顔料をつけて洗顔する人などいろいろな方法がありますね。

しかし、水だけの洗顔でしたら大丈夫ですが、正しい方法を知らずに洗顔剤だけで洗っている人は肌荒れやニキビを洗顔で引き起こしてしまう危険性があります。

また、正しい洗顔方法を知らずに洗ってしまうと逆効果にもなってしまいます。

朝洗顔にも正しい洗顔方法というのがあり、その正しい洗顔方法というのは朝洗顔をする時に水だけで洗顔をするというものなのです。

水だけの方法ですと、費用も安く化学製品も使わずに洗顔をするだけで美肌効果があるんです。

今回は『正しい洗顔方法で肌トラブルを防ぎ、朝は水だけの洗顔が良い理由』について、そして水だけの洗顔で美肌になれる正しい朝洗顔方法をお伝えしていこうと思います。

【スポンサードリンク】

正しいと思っていた洗顔方法は実は間違いだった

あなたの洗顔方法、間違っていませんか?

次のような洗顔方法をしていないか、チェックしてみてください。

  • ぬるま湯ではなく冷水もしくは熱いお湯で洗っている
  • 泡立てネットを使って、水を使わずに洗顔料を泡立てている
  • おでこや鼻など「ゴシゴシ」と音が出るぐらい強く
    擦るように洗っている
  • 2分以上など長時間洗っている
  • タオルで強く擦るように拭いている
  • 洗顔料は洗顔後にしっとりするものを使っている
  • 1日に3回以上洗顔している
  • ニキビができた時、いつもより必要以上に洗顔している

以上が多くの人が誤った洗顔方法で洗っている内容です。

基本的に洗顔の1番のポイントは

・肌に必要以上に摩擦をに与えないこと

・肌に刺激のあるものを使わないこと

この2つです。

誤った洗顔方法で続けてしまうとどうなるか?

ちなみに間違った洗顔方法を続けてしまうと

・乾燥肌や敏感肌になってしまう

・毛穴が目立つ

・肌のシミができてしまう

こんな状態になってしまいます。これではせっかくの美容活動が無駄になってしまいますね。

また、乾燥肌シミができてしまう原因は、洗顔剤や力強く洗うなど刺激や摩擦が強くなるような洗顔を続けてしまうから、乾燥やシミができてしまうのです。

洗顔料を使った正しい洗顔方法

ではどういった洗顔方法が良いのでしょう?

美肌効果の期待できる洗顔方法は次の通りです。

正しくできているかチェックしてみてください。

  • 最初は手に付いてる雑菌を取り除く手洗いから
  • 次に冷水や熱いお湯ではなくぬるま湯で顔を洗う
    (こうすることで毛穴を開かせて汚れを落としやすくなります。)
  • 洗顔料をよく泡立てる
  • あまり力を入れないように皮脂の多いおでこと鼻を洗います。
    (できるだけマッサージをする感じで洗います。)
  • 次に頬を洗います。
    (あまり擦りすぎないように)
  • 次に目や口を洗います
    (この部分は非常に肌が薄いので慎重にやってください。)
  • 一通り洗いましたらぬるま湯でしっかり洗い流してください
    (アゴやこめかみ、髪の生え際は泡が残りやすいので隅々まで洗ってください)
  • 最後は清潔なタオルで綺麗に拭いてください
    (タオルは摩擦が起きやすいので、肌を傷つけないようにしてください。

以上が主な正しい洗顔方法です。

【スポンサードリンク】

水だけを使った洗顔

上記のような洗顔方法もありますが、実は洗顔料を使わずに水だけの洗顔の方がニキビはもちろん、肌荒れもすんなり治まってくれるのです。

ではなぜ、水だけの洗顔が良いのかというと…

  • 眠っている間に肌が再生する
  • 自浄作用

1つは寝ている間に肌が再生し綺麗になるからです。

そして朝起きて顔を洗う時に洗顔料を使ってしまうとせっかく再生して綺麗になった肌が無駄になってしまうからです。

2つは自浄作用です。

人間の肌には「自浄作用」という機能があり、ぬるま湯でも肌の汚れが十分落ちる仕組みになっているんです。
つまり、洗顔料を使わなくても顔の汚れは水のみで落とすことができるんです。

また、顔の洗いすぎや洗顔料を使いすぎて顔が傷ついてしまうからニキビができてしまうのです。

まとめ

いかがでしょうか?
今回は洗顔料を使った洗顔と水のみの洗顔の2つを紹介しました。

【スポンサードリンク】

もちろん、どちらの洗顔方法を利用しても良いのですが洗顔料を使わずに水のみで洗顔をしてみることで少ない費用でしかも化学製品を使わずに美肌が手に入るので、是非水のみで洗顔してみてはいかがでしょうか?

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月20日
最終更新日:2016年6月9日

カテゴリー:

サブコンテンツ

このページの先頭へ