体調がすぐれない時の食べ物は?回復するために避けたい食べ物は?

Pocket

体調がすぐれない時って誰でも1度はあると思います。

風邪をひいたあと、治ったはずなのになぜか体調がすぐれず回復したのかはっきりしない…。

季節の変わり目はどうも体調がすぐれない…。
人それぞれ体調がすぐれない原因は様々だと思います。

症状としてはなんとなくだるいとか、不眠の夜が続いているとか、食欲がわかないなどなど、いろいろな症状でスッキリしない感じが嫌ですよね。

それでも、病院へいって何か薬を処方してもらうようなものでもない。

そんな体調がすぐれない時に食べ物で回復できたらいいと思いませんか?

薬を処方してもらうよりずっと身体に優しく身体を回復へと向かわせてくれます。

体調がいい時はどんな食べ物でもバランスよく食べていればいいと思いますが、
体調がすぐれない時は、どんな食べ物を摂れば早く回復するのでしょう?

また、回復するために避けたい食べ物は何かあるのでしょうか?

そこで今回は『体調がすぐれない時の食べ物は?回復するために避けたい食べ物は?』というテーマで詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

体調がすぐれない時に摂りたい食べ物は?

なんとなく体調がすぐれない時に摂りたいたべものは次のようなものがあります。

  • 緑茶
  • 温かい塩水
  • ヨーグルト
  • キノコ類
  • 牡蠣

1つずつ詳しくみていきましょう。
【緑茶】
緑茶はカテキンという酸化防止作用のある成分がたくさん含まれていて、
飲むのはもちろん、うがいをすると風邪予防になります。

そして温かいお茶は気持ちを和らげ、身体を温めてくれます。
緑茶に含まれる『アテニン』という成分にはリラックス効果があるので、
つい体調不良でふさぎ込みがちになってしまう気持ちを癒してくれます。

【温かい塩水】

こちらは便秘解消に良いとされています。
また、この温かい塩水でうがいをすることで喉の痛みが和らぎます。

熱はないけど、喉が…というときには1度試してみてください。
炎症を起こしている喉の粘膜から余分な水分を取り除き、細菌を洗い流してくれます。

【ヨーグルト】
ヨーグルトは便秘改善はもちろん、花粉症や美肌にもよいとされています。
腸は『第2の脳』とも呼ばれ、人の体で最大の免疫器官です。

脳内お神経伝達物質『セロトニン』の95%が腸内で作られているという報告もあるので
腸を元気にするということは、体調の回復に大きな影響があります。

ぜひ腸内環境を整えて体調の回復を図りましょう。

【キノコ類】

キノコ類はビタミンDが多く含まれていて、呼吸器感染に効きます。
こちらも食物繊維が豊富で便秘予防に効果があります。

カリウムも豊富で余分なナトリウムを体外へ排出するという働きもあり高血圧予防にも効果が期待されます。

【牡蠣】
牡蠣は『海のミルク』と呼ばれているように、牛乳と同じように様々な栄養を含んでいます。

その栄養の中でも、注目したいのが『タウリン』と『亜鉛
亜鉛が不足すると、貧血になったり、成長障害皮膚炎味覚障害などをおこしてしまいます。

貧血になると、身体が酸欠状態となり、息苦しい、ふらふらするなど、様々な症状が現れます。

タウリンは肝機能を高めてくれる働きがあります。
近年、若い方たちの間にも脂肪肝の人が増えているそうです。

タウリンは身体に入ると、まず肝臓内の中性脂肪を取り除き、体外に排出してくれます。

また、風が長引くのを防いでくれる働きもありますが、
いずれにしても体調がすぐれない時は過熱して召し上がってください。

その他にも、生姜ニンニクリンゴバナナなどたくさんありますので、ご自身で食べやすい物を選んでいただければと思います。

【スポンサードリンク】

体調回復に避けたい食べ物は?

せっかく体調回復に良いとされる食べ物を摂っていても、避けたい食べ物まで食べていては効果半減。
そこで、次のようなものは避けるようにしましょう。

  • コーヒー
  • ジャンクフード

1つずつ詳しくみていきましょう。
【コーヒー】
カフェインは免疫力を低下させる働きがあり、脱水症状などを引き起こすといわれています。
体調がすぐれない時はやめておきましょう。

【卵】
下痢の時は避けてください。タンパク質を分解するための酵素が、体内で不足している可能性があります。

そういった状態の時に食べると、嘔吐や全身の腫れといった症状を引き起こす可能性があります。

【ジャンクフード】
胃腸が弱っている時は止めてください。
ジャンクフードに含まれる飽和脂肪酸が、胃腸障害を悪化させると言われています。

最後に

いかがでしたか?『体調がすぐれない時の食べ物は?回復するために避けたい食べ物は?』
体調がすぐれないとなかなかやる気も起きなくなり、悪循環となってしまうこともあります。

この記事があなたの体調回復にお役にたてたら幸いです。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年7月1日
最終更新日:2016年8月6日

カテゴリー:健康 日常 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ