炭水化物とは?糖質と食物繊維も含まれるのか。

Pocket

炭水化物とはいったい何?

炭水化物と聞いたら何を思い出しますか。

炭水化物とは糖質食物繊維の合計なんですね。
糖質と食物繊維の合計?

炭水化物の中身とは糖質と食物繊維ということなのです。

ダイエットに炭水化物と糖質を制限をし、食物繊維をしっかりとるようにといわれます。

では食物繊維とはいったいどんな働きをするのでしょう。

そこで今回は『炭水化物とは?糖質と食物繊維も含まれるのか。』というテーマで詳しく調べてみました。
糖質とは身体に良くないものなのでしょうか。

【スポンサードリンク】

炭水化物とはいったい何?

炭水化物とは三大栄養素の「脂質糖質たんぱく質」の糖質のことです。

炭水化物の栄養学的な主な役割は、脳・神経組織・赤血球・腎尿細管・精巣・酸素不足の骨格筋等、通常はぶどう糖しかエネルギー源として利用でいない組織にブドウ糖を供給することです。

日常の食べ物で炭水化物が多いのは一番にはお米ですね。
次に小麦粉(パン・うどんなどですね)
片栗粉・サツマイモ じゃが芋などイモ類に多く含まれています。

この炭水化物には消化吸収されるものと吸収されないものがあります。

吸収されるものが糖質で、吸収されないものが食物繊維なのです。

糖質ですが

  • 単糖類(ブドウ糖や果糖)
  • 二糖類(砂糖やショ糖や麦芽糖)
  • 多糖類(オリゴ糖やデンプン)
  • 糖アルコール類(キシリトールなど)
  • 高甘味度甘味料(アセスルファムKなど)

に分けれます。

この単糖類には、果物に多く含まれる果糖や、ブドウ糖などを指します。
二糖類には、砂糖牛乳に含まれる乳糖などがあります。

多糖類は複数の単糖類が繋がったもので、でんぷんオリゴ糖などがあります。
多糖類は体内で分泌されてから吸収されるので、糖類より吸収がゆっくりなのです。

糖質は「糖」とつくため、多くあるすべての糖質が血糖値を上昇させるイメージがあるようですが、そうではありません。
糖アルコールは消化吸収されにくく、血糖上昇が少ない糖質なのです。

糖アルコールにも様々な種類があり、ガムでお馴染みのキシリトールやお菓子に使われるマルチトールが有名とのことです。

食物繊維は

  • 水溶性食物繊維
  • 不溶性食物繊維

に分けられ、多糖類の一種にはなりますが、オリゴ糖やデンプンなどの多糖類と違い消化はされません。

逆に食物繊維の1日の必要量は20gほどなのですが、ほとんどが足りていないのです。

炭水化物の摂取を減らすとダイエットになるともいわれています。

糖質と食物繊維は含まれその働きは。

糖質と食物繊維で炭水化物というのがわかりましたね。

では、糖質(グリコーゲン)は体内でどのような作用をしているのでしょう。

【糖質の働き】

筋肉や肝臓に蓄えられて身体を動かすエネルギー源で即効性が高いです。脳や神経系で唯一のエネルギー源です。

必要な時に血糖として全身にエネルギーを供給し、これが病気に対する抵抗力や治癒力となるのです。

身体を構成したり、体温を維持します。
グリコーゲンとして体内に貯蔵され、体力は蓄積されたグリコーゲンの量に比例します。

【糖質の不足】
血糖が以上に低くなると、脳がエネルギー不足となり脳を働かせる唯一の栄養素であることから集中力の維持ができません。
ひどい時には意識を失うこともあると言われています。

糖尿病で糖質制限している人は注意が必要です。
全身がエネルギー不足となり疲労感が生じます。

【糖質の体内作用】
体内作用としては、次の4つが挙げられます。

  • エネルギー源
  • グリコーゲンとして体内に貯蔵
  • 中性脂肪に変えられて体内に貯蔵
  • からだの構成成分となる(アミノ酸・糖タンパク質・糖脂質・核酸成分)

☆グリコーゲン
炭水化物の一種でエネルギー貯蔵物質として、魚の肝臓に特に多量に含まれています。
摂取されたグリコーゲンは消化されてグルコース(ブドウ糖)となってエネルギー源として重要です。

魚肉に多く含まれており、魚おり多くグルコーゲンが含まれているのは貝類です。二枚貝に多く含まれています。(牡蠣しじみあさり

【スポンサードリンク】

食物繊維は主に野菜果物豆類に多く含まれています。
水に溶けない不溶性食物繊維、水に溶ける水溶性食物繊維に分類されます。

【不溶性食物繊維】

水分を吸収して数倍から十数倍に膨らんで、腸壁を刺激して腸のぜん道運動を高めます。肥満や便秘解消・腸の病気の予防などの効果となります。

【水溶性食物繊維】

腸内で水分を抱え込んでヌルヌルとしたゲル状成分となり、有害成分を吸着して排泄させます。
余分な栄養を吸着して吸収を妨害するために、糖尿病や動脈硬化・高血圧を予防します。

食物繊維は生活習慣病の予防に役立つことがわかってきています。
気を付けたいことが、食物繊維が不足する食事内容だと、咀嚼回数が減って唾液の分泌が減少して、虫歯菌が増えてしまいます。

噛む回数も減ると満腹感が得られなくなり、肥満の原因にもなりますのでしっかり噛んでゆっくり食事をすることが大事です。

まとめ

いかがでしたか?『炭水化物とは?糖質と食物繊維も含まれるのか。』
炭水化物抜きダイエットを実践されてる人も多いと思います。

その際に気を付けたいのが、食物繊維の摂取量です。
炭水化物を抜くと、同時に食物繊維の摂取も減ってしまうので食物繊維は積極的に摂るように心がけて下さい。

【スポンサードリンク】

食物繊維を摂ることは、腸内環境のバランス改善や便秘予防にもつながっていますのでしっかりとりたい栄養素です。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月25日
最終更新日:2016年8月6日

カテゴリー:健康 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ