糖質制限ダイエットとは。効果は女性にでるのか。

Pocket

 

糖質制限ダイエットとはご存知ですか?

色んな食材に糖質が含まれていますが、糖質を制限しないと加度に取ってしまいますよね。

「糖質って何に含まれてます?」
「制限したらダイエット効果になりますか?」

そうですね制限が必要ですね。

では、糖質を制限するダイエット効果を調べてみることにしましょう。

しかし・・・女性のダイエットにはなかなか効果が出なくて難しぃとも言われているんです。

なぜ女性に効果が出ないのか?

女性と男性のダイエットの違いもあるようです。
女性はダイエットに挑むけど、あきらめが速かったりで効果が・・・

そこで今回は『糖質制限ダイエットとは。効果は女性にでるのか。』ということについて調べてみました。

女性必見です。

【スポンサードリンク】

糖質を制限したダイエット効果とは。

糖質とは、炭水化物・タンパク質・脂質の三大栄養素にあたる炭水化物の一部です。

その炭水化物は、人が消化吸収できる「糖質」と消化の出来ない「食物繊維」の二つから成り立っています。

糖質は脳や神経の活動を左右するエネルギー源になるのです。
大事なエネルギー源なのに「糖質が太る原因」といわれます。

何故そういわれるのか?
それは、糖質そのものではなく取りすぎが原因なのです。

あぁ!なんだ!糖質が悪いという事ではないんだ。

そうなのです。
炭水化物の一日の摂取量を知っておきましょうね。

日本人の食事摂取基準では、総摂取カロリーの50~65%が炭水化物とされています。
ですので、ご飯やパン・麺類などの主食の量を制限するのが良いとされています。

例えば、ご飯の代わりに減らした分を木綿豆腐に置き換えるなど、糖質の制限をするコトでダイエット効果となります。

間食で糖質摂取をなるべく控えましょう。

糖質の少ないナッツ類チーズ無糖ヨーグルトなどを取り入れるとよいですね。

しかし、主食を制限するのはなかなかしんどいものですね。

糖質制限でダイエットをされるのであれば、タンパク質をしっかり摂ることが大切になります。

タンパク質の豊富なお肉お魚は食べて欲しぃ食材です。

チーズや乳製品・卵・豆類・大豆製品などは植物性タンパク質ビタミンミネラル食物繊維などバランスよく摂ることができるのでおすすめです。

さらに、きのこ・海藻・こんにゃく類とこちらも糖質はほぼゼロで食物繊維を多く含みます。積極的に食べて欲しぃ食材です。

糖質の少ない野菜や果物など積極的に摂っていても、ここで注意するところがあります。

それは、味付けにつかう調味料やドレッシングです。意外とここで糖質を摂ってしまっている可能性もあるのです。

糖質制限をしたダイエットは、始めたころは無理という方もいるようですが、二週間ほど経過をしたあたりで炭水化物を取りたいと思わなくなるようです。

そこを乗り越えたら楽になるといわれています。効果はでるみたいですね。

となると、普段から炭水化物を取りすぎていたということなのでしょう。

だからといって、糖質不足になると燃費の悪い代謝に切り替わるらしいので気を付けて下さい。

【スポンサードリンク】

女性に効果はでるのか。

女性はダイエットに効果があると聞くとすぐにでも試してみようと思ってしまします。

しかし、この糖質制限のダイエットは女性は効果が出にくいとも言われています。

それは何故なのか。

その原因として女性特有の「女性ホルモン」が関係しています。
女性ホルモンにはエストロゲンという皮下脂肪をため込む作用があります。

男性にもあるのですが、微量のため影響がないんですね。

女性は甘い物を欲したくなることが多々あると思われます。
このエストロゲンの分泌が活発なためなのです。

糖質制限の良いところは糖質を制限して、糖のかわりに内臓脂肪を燃やすことで体重がおちるので、女性には結果が出にくくて効果がないとされています。

では、糖質制限で女性が効果を感じるのはいつからなのでしょうね。

女性の場合は効果として、3週間目あたりで身体の変化を受け入れだします。

最初の1週間での体重が落ちたというのは、今まで食べ過ぎていたものが必要量となったために減少したと思われます。

要は、摂取カロリーが減ったおかげだということです。

太っている人の方が効果が出やすいのはそのためですね。

しかし、偏りすぎない糖質制限ダイエットを実践し続けれればとても健康的になるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?『糖質制限ダイエットとは。効果は女性にでるのか』

糖質制限のダイエットを実施し効果をだすには、どの食材に糖質が多いのかをちゃんとおさえておき、しっかりと自己管理を行えば、女性でも結果のでるダイエットです。

【スポンサードリンク】

ポイントは最初から無理をし過ぎないことですね。
コントロールができるように慣れて長続きが出来ればオススメなダイエットなので、是非実践をされて見てください。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月18日
最終更新日:2016年6月14日

カテゴリー:ダイエット

サブコンテンツ

このページの先頭へ