糖質制限のダイエット。その効果と期間は。

Pocket

 

糖質制限ダイエットの効果は高いと言われていますが、期待できるのか。

期間はどれだけかかるのか。

まず糖質制限ダイエットがどのようなものなのか調べてみましょう。

色んなダイエットがあるなか、糖質制限の効果がでる期間はどれくらいなのか。

期間かけてもなかなか効果の出ないダイエットもありますから。
糖質制限ダイエットの効果と期間はどうなのか。

そこで今回は『糖質制限のダイエット。その効果と期間は。』と題し詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

糖質制限ダイエットがどのようなものなのか 。

まずは、糖質制限ダイエットがどのような方法なのか。

「お米・パン・ケーキ」などをちょっと我慢して、他のものを代わりに食べて痩せましょうというダイエットになります。

「え~!!食べれないの~!」

とガッカリする必要はありませんよ。

糖質制限ダイエットは食事制限で食べたいのも我慢するダイエットとは違います。

満腹感のある食事を楽しめるので安心してください。

では、糖質制限ダイエットの方法は一食を置き換えするダイエット方式です。

運動はするに越したことはないですが、運動を必要とするダイエットでもありません。

☆糖質を抜く、減らすダイエットです。
基本的なルールは…

  • カロリー摂取量は減らさない
  • 1日3食食べる
  • 糖質を減らす

まずはこの3つが基本的なルールとなります。

糖質以外なら好きな物を食べてもいいよっているダイエットとは違います。
糖質を抜いた代わりにきちんと健康を考えて食事をするという事です。

糖質制限で摂取してよい一日の糖質量は30~60gです。
ですので、1食での糖質摂取量は10~20gとなります。

体内に吸収されてエネルギーになる栄養素は、糖質・脂質・タンパク質です。
この中で太る原因となるのは糖質と脂質です。

糖質は体内の機能が働くためのエネルギー源です。

頭がボーっとしている時にチョコレートを食べると良いといいのは、チョコレートに含まれている砂糖(糖質)が脳にエネルギーを与えて動きを活発にするためなのです。

糖質は体内のエネルギー源です。

ですが、摂りすぎてしまっている人が多いものです。

今まで摂りすぎていた糖質を減らすように、無理のないダイエットをしましょう。

糖質制限ダイエットのポイントは、空腹の際急激に血糖値をあげないような食事をすることです。

急激な血糖値の上昇は、インスリンの大量分泌を促して体内にエネルギーをため込もうとします。

それを防ぐために次のことに気をつけてください。

  • 野菜、海藻、食物繊維を先にゆっくり食べましょう。
    血糖値を穏やかに上昇させることです
  • まずは夕飯の炭水化物だけを抜いていく
  • ジュースなど飲料で糖質摂取を控えて行く

まずは無理のない範囲で炭水化物から減らして行きましょう。

【スポンサードリンク】

効果のでる期間とは。

何をするにもですが、すぐにいい効果が出るとは限りません。続けてこそ高い効果がでるものです。

糖質制限ダイエットは徐々に慣れさせていくという意味でも続けて行くことが大事です。

目安としては一か月と考えておきましょう。

もちろん個人差があるので一概には言えませんが。
ですが、糖質制限ダイエットは効果の出やすいダイエット方法だとされています。

もちろん正しぃ方法、正しく確実に糖質制限をされたかで効果が出ます。

正しいやり方をやっているつもりで実は糖質を摂取していれば結果としてはなかなかでないでしょう。
しっかりやれている人で早ければ数週間という期間で効果がでるようですよ。

では、なかなか効果の出ない方はちょっと見直してみて下さいね。

  • 糖質制限をしているつもりだが、実際出来ていない
  • 糖質制限でも食べ過ぎている
  • 今の体重がベスト体重である

糖質が何に多く含まれているか、という正しぃ知識がないと間違った摂り方になるのも要注意ですね。

意外と盲点なのが、ちょっとだけならっと糖質たっぷりのスナック菓子や砂糖たっぷりのお菓子などをジュースと一緒に摂ったりしていませんか?

食事制限をしていてもこれで効果を期待するのは難しぃといえます。

まずは軽くから・・・は、なかなか効果がでないです。
がっつり糖質制限をおこなった方が効果は早い
ですね。

まとめ

いかがでしたか?『糖質制限のダイエット。その効果と期間は。』
糖質制限ダイエットは、実際にアメリカ糖尿病学会で正式に認められいます。

しっかり取り組めば、必ず効果の出るダイエット方法ではあります。
あとは、正しぃ方法、正しく確実に糖質制限をやれるかですね。

【スポンサードリンク】

きっと効果は出るはずですので、頑張って続けてみて下さい。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月25日
最終更新日:2016年8月6日

カテゴリー:ダイエット 健康

サブコンテンツ

このページの先頭へ