腸活にはヨーグルト♪むくみ解消にはプラス○○

Pocket

最近話題の『腸活
数多くの日本人女性は『便秘』に悩まされています。

普段は便秘じゃないんだけど、生理前になると…という方も少なくありません。
男性の場合は…というと『下痢』に悩んでいるという方のほうが多いようです。

便秘にしても、下痢にしてもどちらで悩んでいても腸活は気になる健康法ですね

よく、便秘にはヨーグルト!と言われますが、むくみ腸の解消にも良いと言われています。

でも、一言に『ヨーグルト』といっても様々なヨーグルトがありますよね。
むくみ腸という言葉もイメージだけでなんとなくしか知らないのよね…という方ももちろんいらっしゃると思います。

むくみ腸を解消すると、具体的にどんな効果が期待できるのでしょうか?
『腸活』ってなんでも『活』を付ければいいと思って…と思われているかもしれませんが、ヨーグルトなどを少し食生活に取り入れるだけでむくみが解消されれば、腸活はあなどれませんよね。

『腸は第2の脳』と呼ばれる腸。
そんな大切腸を元気にする腸活でむくみ腸を解消してみませんか?

そこで今回は『腸活にはヨーグルト♪むくみ解消にはプラス○○』というタイトルで詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

『腸活』とは?

腸活』とはどんなことなのでしょう?

腸活とは、美肌やダイエットも含め腸内環境を整えて、身体全体を健やかな状態にしていく健康法のことです。

大腸の内壁を全部広げた面積は、テニスコート半面分、小腸はその2倍の1面分の表面積があります。

そんな大きな腸は、体を健康に保っていくうえで最も重要で最も大きな免疫器官が存在しているのです。

腸活をすることによって、身体全体が健康になるということは簡単に想像できますね。

そして腸は、『幸せホルモン』と呼ばれる脳内伝達物質『セロトニン』も大きく関わっています。

その『幸せホルモン』は脳にはたった2%、そして、腸にはなんと約95パーセントが存在しているのです♪

腸内環境が悪いと、セロトニンを合成することができなくなり、うつ状態になったり、キレやすくなったりと精神にも悪影響を及ぼします。

『忙しくしてたら何日も出てない…』『緊張してお腹が急降下~』なんて経験はありませんか?
この症状も実は腸が関係しているんです。

ストレスを感じるとそれを和らげようと腸からセロトニンが分泌されます。

その量が急激に増加することによって、腸に不規則な収縮が生じて起きるというメカニズムなのです。

そういったことから、腸で何を吸収するか、ということが肉体的、精神的にどれほど影響してくるかがわかりますね。

腸活…むくみ腸って?

『むくみ腸』ってどんな状態なのでしょう?

それは、手足や、顔がむくんだりするように、血液中の水分が何らかの原因により腸に滞ってしまった時に現れる状態のことです。

(『むくみ腸』はこの現象を表した造語です。)

むくみ腸の原因はさまざまありますが、主に腸の血流の障害によっておこると言われています。

むくみ腸になると、慢性的な便秘であったり、太りやすくなったりといったトラブルが起こってきます。

【スポンサードリンク】

腸活はどうやってするの?むくみ解消にはヨーグルト?

まずは、腸活をしていくうえで、避けるべきことを挙げます。

  • 冷たいものを摂らない
  • お腹を冷やさない

1つずつ解説していきます。

・冷たいものを摂らない
冷たいものを摂るということは腸だけでなく、胃やその他の臓器も冷やしてしまい、いいことはありません。

・お腹を冷やさない
身体の中でも温かいはずのお腹。でも、腸の鈍っている時、触ってみてください…冷たいんです。

お腹は温かくしておきましょう。この点を必ずおさえておかないと今からご紹介する方法も効果半減です。

では、腸活の方法をご紹介していきます。

  • 食事のリズムを整える
  • 充分な水分補給をする
  • 毎日運動をする
  • リラックスする時間をも

そして腸の状態をよくするものを食事で摂るということです。

腸内環境をよくする食べ物はいろいろありますが、効果的な食べ物としては、
ヨーグルトはちみつ、そして大根おろしです。

どの食材も腸内の環境を整えてくれますが、合わせて摂ることで、さらにその効果が期待できるのです。

最後に

いかがでしたか?『腸活にはヨーグルト♪むくみ解消にはプラス○○』
腸内の環境を整えていくということは、便秘や下痢の解消といったことだけでなく、身体全体を健やかに保つということに大きく繋がっているということがわかりました。

慢性の便秘、慢性の下痢に悩んでいらっしゃる方はもしかしたら腸内環境に問題があるかもしれませんね。
この記事があなたの健康にお役に立てれば幸いです。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年6月1日
最終更新日:2016年8月6日

カテゴリー:健康 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ