腕の日焼けを白くしたい! シミになる前に防止と対策が大事!

Pocket

「うー寒い寒い!」なんて言ってたら桜が咲いて散って、気がついたらもう5月と、季節の移り変わりは案外早いものです。この季節になってくると顔や手脚、腕の日焼けが気になり始め、紫外線防止対策をあれこれ調べる人も増えてきます。

やはり白く透き通るような肌でありたいですよね。特に手や腕の日焼けはシミになり易かったりもするので注意が必要です。日に焼けて黒くなった肌を白く戻す方法というのも気になるところ。

4月の終わり頃から5月初め頃になると、だんだんと暑くなってきて薄着で外出する機会も増えてきます。

夏のファッションで「素敵だな」、「かわいいな」と感じる洋服はノースリーブや半袖だったり、ショートパンツやミニスカートのような手や脚がむき出しになるものが多いのも悩ましいところです。

そして薄着になると気になるのが白く、まだ日焼けしていないむき出しの顔や手脚、腕の日焼けを防止する方法。日焼けを防止してシミになりにくくするための防止方法。

さらには黒くなってしまった手や腕の日焼けから白くリカバリーしたり、できてしまったシミを改善するための方法も気になりますよね。日焼け、特に手や腕の日焼けは防止しづらく、気がついたら黒くなってた。
なんてことも多く、白く戻すのも大変ですし、シミにもなりやすいです。顔や足はばっちり紫外線防止対策を施していつも白くいられるのに腕の日焼け対策ははついうっかり忘れがちで気がついたら真っ黒なんてことも。

そうならないためにも普段からのケアや日焼け対策はとても重要。

そこで今回は『腕の日焼けを白くしたい! シミになる前に防止と対策が大事!』と題して、手や顔、腕の日焼けを予防し、いつでも肌を白くいられる効果的な日焼け防止方法を探ってみることにしました。

【スポンサードリンク】

黒くなった腕の日焼けを白くしたい、シミにならないための3つの防止方法

顔はしっかり日焼け対策しているにも関わらず、、気づいたら腕は真っ黒、
そしていつの間にかシミが増えていたりと意外と焼けやすい腕、
しっかり美白しておかないと、腕がシミだらけになってしまってい、
実年齢よりも老けた印象になってしまいます。

でも顔の美白方法はなんとなく想像できるけど
腕の美容法って実際にはどうやればいいのでしょうか?

まず最初に覚えておいてもらいたいのが
日焼け防止対策や、UVケアは日差しや紫外線が強くなる
夏場にだけすればいいというものではないということです。

いったん日焼けして黒くなった肌をしろくしたり
できてしまったシミをもとに戻すのは至難の業なのです。

ですから、日ごろから気をつけて一年中を通して
継続的にしていくことが一番の予防
であり、
いつまでも白く透き通った若々しい肌を保つ秘訣なのです。

それだけは覚えておいてくださいね。

そのうえで、できる腕の日焼けから白い肌にリカバリーするための
対処方法を見ていってみましょう。

  • 白湯で体内デトックスをしながらの血行洗浄
  • 鶏むね肉でたんぱく質を摂取し、肌細胞の生成を手助けしましょう
  • 毎日のお風呂上りには腕のマッサージを
  • ココナッツオイルを取り入れて、
    美白だけでなくアンチエイジングも

1.白湯で体内デトックスをしながらの血行洗浄

白湯はむくみ改善やダイエットなど
いろいろなことに効果的と言われており、最近特に注目されてきています。

「沸騰させたお湯を冷まして飲むだけ」というとても簡単な方法なので、
継続しやすく、体が温まるので冷え性が多い女性には最適です。

白湯を飲むことによって、ドロドロになっている血行がキレイになり、
体内の余分なものが排泄されやすくなるので、新陳代謝が活性化することにより、肌の生まれ変わりを促進させ、肌を白くさせることが期待できます。

腕は顔に比べて肌の生まれ変わりは遅いのですが、
この方法により細胞の生まれ変わりが遅い腕も白くすることがきたいできるのです。

2.鶏むね肉でたんぱく質を摂取し、肌細胞の生成を手助けしましょう。

鶏むね肉は低脂肪で良質なタンパク質が豊富です。

タンパク質は肌の細胞の生成を手助けするので、
代謝の活性化により肌細胞の入れ替わりがおこなわれ
自然に肌が白くなっていきやすくなります。

鶏むね肉は簡単に手に入れることができますし、
料理にも使いやすいので比較的摂取しやすい食物です。

ただ肌を白くするだけでは本当の美白とは言えません。

美しく白くなるためには体内から美白になるために
必要な成分をしっかり補給することもとても大切なことなのです。

3.毎日のお風呂上りには腕のマッサージを

お風呂上りは血行がよくなっています、
そこで腕のマッサージを加えることにより相乗効果になります。

お風呂上がりのマッサージは
古い角質から新しい肌への生まれ変わりを促進させることができるだけでなく、
むくみも改善させることができる
ので、毎日取り入れてほしいケアの一つです。

ですが腕って意外と自分でマッサージしにくいですよね?
ですので、たまにはエステサロンに通って
本格的に腕のマッサージをしてもらうのも美しい白い腕へのアプローチになります。

4.ココナッツオイルを取り入れて、美白だけでなくアンチエイジングも

人気モデルのローラが使っているという事で一気に話題になったココナッツオイル。

食べてもいいですし、飲んでもいいですし、
塗っても効果がある
という事で様々な物に使用できます。

そんなココナッツオイルは抗酸化作用があって、
肌の酸化を食い止めてくれることで、健康的な肌を維持してくれます。

シワやシミの発生も防ぐのでアンチエイジング効果も抜群です。

使用時のほんのり甘い香りもリラックス効果が期待できます。

【スポンサードリンク】

シミの防止、手や腕の日焼けを白くしたい全身美白の大切な3つの考え方

顔は一番見られる部分なので、
手間をかけてスキンケアをしている人も多いと思いますが、
白い腕・足を目指すなら顔と同じようにスキンケアを意識する必要があります。

そのためには以下の3つのことを守るようにしましょう。

  • UVケアは一年中必要。夏だけするのはNG
  • 美白コスメを使用してメラニンの抑制・還元
  • ビタミンCを摂取、補給

1.UVケアは一年中必要です。夏だけするのはNGです。

紫外線は冬でも、空が曇っていても毎日降り注いでいます。
日差しが眩しくなくても、暑さや涼しさに関係なく肌にダメージを与えています。

紫外線のダメージは蓄積されていくもの、
白い肌を目指すなら普段からUVケアを怠らない事が最も大切です。

2.美白コスメを使用してメラニンの抑制・還元をする。

美白成分が配合された化粧品を、腕や足などに使うことで、
肌が黒くなるのを抑制したり、すでに黒くなってしまった部分を白くする事ができます。

UVケアが完璧にできていれば、日焼けによる皮膚色の変化は、
肌のターンオーバー(新陳代謝)によってメラニンが排出され解消されていきますが、
美白コスメを使うことにより、より短い期間で白くできるというイメージです。

3.ビタミンCを摂取、補給する。

口から入ったビタミンCは、
肌に届く前に、全身の色々なところに使われてしまうので、
肌の日焼けやシミを薄くするという効果は正直期待できません。

ですが、ビタミンCには抗酸化作用といって、
紫外線によって発生した活性酵素を取り除いてくれる作用があります。

つまり、ビタミンCを摂取する事で、紫外線に対する抵抗力をつけることができるのです。

ビタミンCはサプリメントでの摂取が楽ちんですが、
野菜で摂取する方が安上がりですし多く摂取できます。

ただ、大量の野菜を食べるのは大変ですので
ミキサーやジューサーを使ってジュースにして飲むのがいいですね。

特にスロージューサーで作ったジュースは
野菜のエキスだけを絞ってくれますので
大量の野菜を摂取したいときには特にオススメです。

最後に

肌を白くするためには日々のお肌ケアと「UV対策」が大切というお話しをしてきました。
更に美白化粧品を使い、
ビタミンCの摂取で紫外線に対する抵抗力を上げるも美白に効果的です。

ただし、
美白は肌のターンオーバーによってなるもので
ゆっくりゆっくり時間をかけて変化していきます。

効果が出るのは早くても1ヶ月はかかると思ってください。

白い肌を目指すにはそれだけ努力と忍耐が必要というわけですね!

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。
少しでもあなたのお役に立てたのならうれしいです。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月19日
最終更新日:2016年6月10日

カテゴリー:

サブコンテンツ

このページの先頭へ