ワキガ(わきが)は自覚症状がない場合がある?!そんな時の原因と対策は?

Pocket

ワキガ(わきが)』の臭いって人それぞれ色々な言い方があると思いますが、

ツンと鼻に突き刺さるような、なんとも言えない独特な臭い…といった感じでしょうか。

暑くなって汗をかくと強烈な臭いを発していますが、そこまででなくても、冬にも臭ったりしますよね。

でも、周りは気付いていても、本人の自覚症状がない場合があるんです。

そんなに強烈なワキガ(わきが)なのになんで気付かないの?と不思議に思われるでしょう。

でも、あなたも自分の体臭を臭いと感じたことはないはず。
自覚症状がない原因とは何なんでしょうか?

ワキガ(わきが)の自覚症状がないのは、自分がその匂いに慣れてしまっているからなのです。

自覚症状がなくては、誰かが教えてくれるまで、ワキガ(わきが)対策することもできませんよね。

最近では『スメハラ』などと呼ばれてしまい、自覚症状がないからといって放ってもおけない状況も。

もちろんスメハラの原因がワキガ(わきが)だけではないので、その場合は対策方法も変わってきますが…。

そんなワキガ(わきが)の原因って何なんでしょう?
その原因を知らなければ、対策もできませんよね。

自覚症状がない時の対策って…どうやったらわかるのでしょう?
知らず知らずのうちに周りの人たちに不快な思いをさせていてたとしたら悲しいですよね。

臭いは比較的デリケートな問題なのでワキガ(わきが)で悩んでいらっしゃる方も少なくないと思います。

そこで、今回は『ワキガ(わきが)は自覚症状がない場合がある?!そんな時の原因と対策は?』と題して詳しく調べてみました。

【スポンサードリンク】

ワキガ(わきが)の臭いの原因は?

ワキガ(わきが)の臭いの原因は脇にあるアポクリン腺というところから出てくる汗にあります。

ここから出る汗には脂肪やタンパク質が含まれていて、皮膚の常在菌によって分解されることによりワキガ(わきが)が発生します。

そして皮脂腺から分泌される皮脂が加わるとさらに臭いが強まるという現象が起きるのです。

アポクリン腺の量は個人差があり、多いひとがワキガ(わきが)体質といわれますが、

多くても周りの人がその方の臭いを全く気にしなければワキガ(わきが)ではないということです。

自覚症状がないワキガ(わきが)のチェック方法は?

『もしかしたら私、ワキガ(わきが)に気づいていないだけなのかも…』と心配になった方。

安心してください、次の項目を自分でチェックしてみて下さい。

  • 耳垢のべたつき
  • 両親がワキガ(わきが)体質
  • ワキ汗がついた服が黄ばんでいる

1つずつ詳しくみていきましょう。

・耳垢のべたつき
この症状がある場合、ほとんどの場合、ワキガ(わきが)である可能性があります。

・両親がワキガ(わきが)体質
ワキガ(わきが)体質は遺伝してしまう確率が50%と言われています。

両親のどちらかがワキガ(わきが)体質だという場合は、ワキガ(わきが)である可能性は高いです。

・ワキ汗がついた服が黄ばんでいる
ワキガ(わきが)の場合、汗の中にアンモニアなどの成分が入っているので、服の脇部分が黄ばんでいる場合は、可能性があります。

【スポンサードリンク】

ワキガ(わきが)の対策は?

先ほどサラッと書きましたが、ワキガ体質でも、で周りが全く気にしなければワキガ(わきが)ではない…と。

では、ワキガ(わきが)となってしまう原因は…?

  • ホルモンバランスの乱れ
  • タバコ
  • ストレス
  • 食生活の乱れ

それぞれ詳しくみていきましょう。

・ホルモンバランスの乱れ
ワキガ(わきが)発症の原因と言われています。

・タバコ

タバコを吸っている人の近くに寄ると、臭いがきついと感じませんか?

ニコチンがアポクリン腺を刺激してしまいます。
タバコが原因の場合の対策は、ずばり禁煙です。

・ストレス

睡眠不足などもストレスの原因の1つです。
規則正しい生活が大切ですね。

・食生活の乱れ
ワキガ(わきが)の原因は食べ物が大きく影響していると言われています。

あなたの食生活が、お肉中心の食生活でしたら、お魚や野菜中心の食生活に変えてみましょう。

ビタミンCやお酢、海藻類も積極的に取り入れていきましょう。

最後に

いかがでしたか?『ワキガ(わきが)は自覚症状がない場合がある?!そんな時の原因と対策は?』
臭いが気になってもなかなか相手に伝えることができなかったり、
ワキガ(わきが)の自覚症状がある方にとっては、精神的なストレスとなることもあります。

臭いの原因を知って、最適な対策で、快適に過ごしたいですね。
この記事があなたの生活にお役に立てれば嬉しいです。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月27日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:健康 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ