ワキガ(わきが)が突然!その原因は毛抜き?!

Pocket

ある日突然ワキガ(わきが)になってしまいました!
「原因は何?毛抜き?なぜ?突然?」

突然に臭い始めたワキガ(わきが)にショックを隠し切れない。といったようすです。

でも、ワキガ(わきが)ってそんなに突然になってしまうものなのでしょう?
もしある日突然にワキガ(わきが)になるとしたらその原因は何なのでしょう?

「毛抜きが原因なのかしら?」そういう声もよく聞きます。

原因はいろいろ考えられるのですが、脇の毛抜きをしたのがワキガ(わきが)の原因であると考える人は多いようです。

突然のワキガ(わきが)に頭が真っ白になり、原因を追究したりしますが実際にはわからない。
だからワキ処理でやった毛抜きを疑ってしまうのだと思います。

ですが、ここでいきなり結論を言ってしまいます。
毛抜きが原因でワキガ(わきが)になるとか、ましてや、突然ワキガ(わきが)になるとかはありません。

あなたの疑問に応えるべく『ワキガ(わきが)が突然!その原因は毛抜き?!というタイトルでお伝えしていきます。

【スポンサードリンク】

原因は毛抜き?突然のワキガ(わきが)に悩む前に その1

先ほど結論付けたように突然ワキガ(わきが)になることはあり得ません。

それはなぜかというと実はきちんとした理由があります
それを説明するためにはワキガ(わきが)のメカニズムについて知る必要があるのです。

少し退屈するかも知れませんができるだけ簡単にワキガ(わきが)のメカニズムについて説明しますので本の少しお付き合いくださいね。

人は汗をかきます。この汗が出るのがからだの表面に点在する汗腺と呼ばれる穴ですなのはあなたもご存じだと思います。

で、この汗腺、実は2種類あるのです。

  • エクリン腺
  • アポクリン腺

それぞれに汗をかいたときに出てくる穴が違うのです。

エクリン腺というのはほぼ全身の肌に存在している汗腺で、頭や顔、背中などに特に多く存在しています。

ひとがかく汗のほとんどはこのエクリン腺から出るものです。

エクリン腺から出る汗はエクリン汗と呼ばれ、肌の表面にある汗孔(かんこう)という穴から出ます。
エクリン汗は酸性ですがその99%が水です。水分以外の成分はほぼ塩分で、一部カリウムなどが含まれます。

アポクリン腺はわきの下や耳、乳輪や陰部にある汗腺です。

アポクリン腺から出る汗はアポクリン汗と呼ばれ、毛穴から出ます。
アポクリン汗はアルカリ性で、70%~80%が水分、それにタンパク質・脂質・アンモニアなどが含まれます。
このアポクリン汗がくせ者でワキガ(わきが)の嫌な臭いはアポクリン汗が原因です。

アポクリン汗に含まれるタンパク質脂質アンモニアが皮膚にいる常在菌によって分解されたときに発生する臭いがワキガ(わきが)臭です。

このワキガ(わきが)の原因であるアポクリン腺は人により、ある人ない人、多い人少ない人がいて個人差があるのです。
しかもこのアポクリン腺の数は生まれてから死ぬまで変化しません。

ですので、後天的にワキガ(わきが)が人にうつることは絶対にないのです。
このようにワキガ(わきが)は生まれつきの体質です。
毛抜きをすることによってワキガ(わきが)体質に変化することはあり得ません。

【スポンサードリンク】

原因は毛抜き?突然のワキガ(わきが)に悩む前に その2

「でもでも、突然ワキガ(わきが)になったんです。以前は臭わなかったのに、ほんと急になんです。」

という人がいるのも事実、これはなぜでしょうか?

一番考えられる理由は「もともと隠れワキガ(わきが)体質だった人」が毛抜きによってアポクリン腺を刺激して、汗をかく量が増えたのでは?いうことです。

ワキガ(わきが)だったけど「汗をかきにくい体質」のため臭いがしていなかったのに、毛抜きの刺激により汗が出やすくなり、ニオイを発するようになってしまったわけです。

では毛抜きをしない方がよいのでしょうか?

これは男性と女性でも違いますが、わき毛は汗をとどめてしまうため、無い方が臭いを少なくできる可能性があります。

わき毛自体に問題があるわけでなく、わき毛に汗の成分が絡みついてしまい、不衛生な状態になり臭いを強くしてしまうということなのです。

ですので男性でもわき毛をケアしている人は結構いるようです。

ただ自分でやるのは刺激も強く、肌にかかる負担も大きいので、ケアするときはサロンを利用したりしてプロに任せるのも一つの手ですね。

最後に

いかがでしたか?『ワキガ(わきが)が突然!その原因は毛抜き?!』
いろいろ調べてみましたが、結論から言うと後天的にワキガ(わきが)になることはないということ。
毛抜きがワキガ(わきが)の原因になるわけでもない
こと、がわかりました。

ワキガ(わきが)と言っても症状は人それぞれ、症状によっては日々のケアで軽減できることもあるということですね。

【スポンサードリンク】

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。
少しでもあなたのお役に立てたのならうれしいです。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月29日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:健康 日常

サブコンテンツ

このページの先頭へ