野菜は1日にどれくらい食べればいいの?1日に必要な野菜の量と、簡単に野菜をたくさん摂れる食べ方とは?

Pocket

野菜の1日に必要な摂取量や食べ方とは?
あなたは、1日に野菜をどれぐらいの量を摂取していますか?
野菜を簡単にたくさん食べる食べ方をご存知でしょうか?

現代人は多くの人が野菜不足に陥っています。
仕事があると忙しくて食べることが出来なかったり、1食で1日の摂取量を摂ろうとしても、なかなか難しいのが現状です。

食事の基本である1日3食すら出来ていない人が多いかもしれません。
もっと簡単な食べ方があると、量も食べることができますし苦になりませんよね。
野菜を摂取するときは、サラダや煮物、お浸しなど様々な食べ方がありますがどの食べ方が1番いいのでしょうか。

1番簡単な食べ方はサラダですが、いつも同じような食べ方だと飽きてしまいますよね。野菜を簡単に摂取する料理は何でしょうか。

さらに、野菜には様々な種類がありどの野菜を1日にどれぐらいの量摂取したらいいかもよく分からないところですよね。

野菜を1日にどのぐらいの量を摂取したらいいのか、忙しい人でも簡単に食べることのできる食べ方として『野菜は1日にどれくらい食べればいいの?1日に必要な野菜の量と、簡単に野菜をたくさん摂れる食べ方とは?』をご紹介していきます。

【スポンサードリンク】

1日に必要な野菜の摂取量と体に対する働き

野菜は1日に350g摂取しなければいけないとされています。
毎回測るのは面倒ですが、生野菜だとかなりの量があります。

しかし野菜は体にとって色々な働きがあるのをご存知でしょうか?

  • 丈夫な体をつくる
  • 高血圧予防
  • 糖尿病や高脂血圧、肥満の予防
  • 骨粗鬆症の予防

【丈夫な体をつくる】

野菜に多く含まれるビタミンCは、皮膚や骨、血管や筋肉を強化してくれる働きがあり、丈夫で健康な体を作ってくれます。また、抗ストレス作用があり鉄分の吸収も良くしてくれます。

【高血圧予防】

野菜には、カリウムが多く含まれており、血圧の上昇を防ぐので心臓病や脳卒中などの循環器系の病気の予防になります。
スープにするとより効果的です。

【糖尿病や高脂血圧、肥満の予防】

野菜に含まれる食物繊維は、食事による急な血糖値の上昇を防ぎ、糖質や脂質の吸収をゆるやかにしてくれます。また、腸内のバランスを保つので、便秘や下痢を防いでくれます。

【骨粗鬆症の予防】

カルシウム不足は現代人にとって大きな問題です。
カルシウムは、小松菜や水菜、チンゲン菜などの葉物野菜に多く含まれるので積極的に摂取しましょう。

野菜は、体にとって必要な栄養素です。
毎日の食事にしっかりと取り入れましょう。

【スポンサードリンク】

野菜を簡単に摂取する方法

野菜の摂取の仕方は様々あります。
時間があるときは煮物などを自分で作って冷凍しておけば、食べたいときに食べることが出来るのでオススメです。

サラダは作ったらすぐ食べましょう。

生野菜が苦手な人は鍋にしたら食べやすいですし、野菜の量が減るので多く食べることが出来ます。
野菜を多く摂取するコツは、やはり量を減らすことです。

自分で料理をする時間がない時は、コンビニやスーパーなどで野菜のカットされた物や、野菜のお惣菜などを中心に購入しましょう。
このとき、豆類や海藻類などを一緒に摂取すると効率的に栄養を取り入れることが出来ます。

まとめ

毎日野菜を摂取するのは、難しいことです。
1人1人ライフスタイルは違いますし、忙しくて食事自体まともに取れない人もいるかも知れません。

しかし、それらの栄養素は生きるエネルギーとなり今後の人生においてとても必要なものです。
今まで、あまり野菜の量を気にしてなかった人や全く摂っていなかった人も、出来る限りの量から摂取していくことを心がけてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年11月1日

カテゴリー:Uncategorized 健康 美容

サブコンテンツ

このページの先頭へ