痩せ体質はまず朝食から!食事の改善方法をご紹介

Pocket

今度こそ痩せ体質になりたいあなたに。
今までにも何度か痩せたい、痩せ体質になりたいと思い挑戦してみたことありますか?

たとえば、時には食事を我慢する方法だったり、時にはお金をかけてエステに行ってみる方法だったり。
または運動するために器具を購入してみたり、ウォーキングをしてみたりと思いつく方法はほとんどした!やってみたんだけど思うような結果にならなかったというのはありませんか?

せっかく努力して落としたのにすぐに戻った、あるいは数か月後には元の体重に戻ってしまったとか、または無理な方法を繰り返してたせいで始める前より体重が増えてしまってるなんて事になってませんか?

痩せ体質をしっかり作っていきたい、そのためには朝食が大事です。
そんな気持ちになれたのをキッカケにしてバランスの良い食事を朝食に取り入れて改善していくという方法で、痩せ体質にしてみましょう。
結果を出せるにはまず朝食の食事の改善を意識していきながら、無理なく続けて自然に痩せ体質への改善、理想体重、理想体型が手に入るのです。そのためにも、朝食の食事改善方法を知っておきたいですね。

では今回は『痩せ体質はまず朝食から!食事の改善方法をご紹介』をご紹介致します。

【スポンサードリンク】

食事で体質を改善する方法

食事カロリーに対して、代謝されるエネルギーが少ないということが痩せにくい体質だと決めつけすぎて一日一食、または二食にするなど食事の回数でカロリーを減らそうという考えでダイエットしても苦戦してるとよく聞きます。

もっと身体に負担をかけずに痩せやすい体質になる改善方法でなければ続かないどころか、どこかでやけ食いになってしまうことがあります。ご注意!

無理なダイエットよりもスローペースでも確実な痩せる体質作りを覚えて習慣化させていくことができたら、何歳になっても若々しくいられますよね。そのためにはまず朝食からよくしていくということからはじめてみましょう。

朝食は抜くよりも食べた方が身体が動くぞ!というエネルギースイッチを入れてくれるので食べた方がいいのですが、朝からご飯は?という方は、野菜ジュースを作って飲んでもいいですね。

できれば野菜も果物もごちゃまぜではなく、野菜なら野菜だけ、果物なら果物だけのジュースにすると、胃にとても優しくて身体にもエネルギーが周り動ける準備ができます。
体が元気に動けるということは、頭も眠気から覚めてることになり、脳も身体もエネルギーを使える準備が整うのです。

どうしても主食とおかずでなければいけないということもないのです。
自宅で作る野菜ジュースや果物のジュースならそれだけ1杯でも大丈夫です。意外に基礎代謝をあげてくれたり、免疫力を上げてくれたりという効果の特徴もあります。

ダイエット中の朝食メニューでオススメは「和食」です。
腸内環境を整えるのには、善玉菌を増やして食物繊維を摂るなどするといいですね。
そんなに食べれない時に食事をする場合は、野菜スープやサラダ、ヨーグルトなど低脂質・低カロリーを食べるとよいでしょう。

【スポンサードリンク】

継続は楽しく

すぐに結果を出したいと思う気持ちもわかりますが、今までその考え方で成功しなかったことを思い出して下さい。

無理せずに継続する、継続していくにはそれなりに楽しくないとできないと思います。ですので自分なりに続けるしかない状態を作ってみるとか、継続してくことでの目標を楽しみにしていく、楽しくなるよう続けていくとか自分だけの工夫をしてみることが継続できるコツです。

最後に

食べたいものを食べても痩せているという嬉しい状態!実は痩せただけではなく健康になり正しい食生活が身につくという嬉しいことばかりです。
朝食の食事改善方法を知り、健康的に痩せ体質を作ってみましょう

【スポンサードリンク】

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年9月21日
最終更新日:2016年10月2日

カテゴリー:ダイエット 健康 日常 美容 運動 食事

サブコンテンツ

このページの先頭へ