夕方のメイク直し、疲れた顔でも明るく見せる方法は?ポーチに入れておきたいものとは!

Pocket

夕方になるとメイク直しもせずにそのまま、ということもありますね。

帰宅するだけでもたくさんの人に会うので、しっかりとメイク直しをしておきたいものです。

夕方は特に疲れた顔になっていることも多く、朝のような明るく見せるメイク直しの方法を知りたいところですね。

そのためには、夕方のメイク直しのためにポーチに何を入れておくかも大切です。

ポーチの中に入っているもので、メイク直しの方法も変わります。

夕方は特に、これからデート!ということも少なくありません。

だからこそ、夕方でも面倒にならずメイク直しをする方法とポーチの中身、もう一度見直しませんか?

夕方の疲れた顔が赤るく見える方法さえわかれば、デートがさらに楽しくなりそうです。

そこで今回は『そ夕方のメイク直し、疲れた顔でも明るく見せる方法は?ポーチに入れておきたいものとは!』と題し、開けるだけでキレイになれそうなポーチの中身を考えてみました。

【スポンサードリンク】

夕方のメイク直しはする?

夕方にメイク直しはするのか?というと、どうでしょうか?

朝はメイクをして出かける女性がほとんどでも、

  • 仕事が終わって帰るだけだから・・・
  • 1分でも早く帰りたい
  • メイク直しをしても変わらないと思っている

などの理由から、
夕方にメイク直しをする人が少ないかも?というイメージがありますね。

でも!
疲れた顔が明るくなって、カンタンにメイク直しできるならどうでしょうか?

ほんの少しの時間で、夕方の予定も変わるかもしれませんね。

疲れた顔でも明るく見せる方法は?

夕方のメイク直しでは、朝よりも疲れた顔を明るく見せるのがポイントですね。

そして、夕方になると、汗をかいたりして、脂っぽくなっていたり、マスカラなどでパンダのような目になっていることも少なくありません。

時間があれば、朝のファンデーションを乳液などでオフしてから、ファンデーションをします。

重ね塗りをするよりも、のような仕上がりになります。

オフする時間がなければ、余分な油分をティッシュでふき取った後、100円ショップにあるようなスポンジを脂取り紙の代わりに使うと、上からファンデーションをつけてもよれたりダマになりにくいようです。

さらに、ファンデーションのあとに、パールなどのはいったハイライトを入れると、より明るく見えるでしょう!

これなら、疲れた顔でも、朝のお肌のように仕上がります。

さらに、目元がパンダになっている場合も乳液でオフすることをお勧めします。

せっかくお肌がキレイに仕上がっても、目元目立つのでもったいないです。

そして、リップやグロスも朝よりは明るめで華やかな色目のものを使ってもいいでしょう!

TPOに合わせて使い分けてみましょう!

【スポンサードリンク】

夕方のメイク直し、ポーチの中身は?

夕方のメイク直しの必須アイテムをまとめてみると・・・
ファンデーションなどの通常のものにプラス次のようなアイテムがあるとベストですね。

  • スポンジ(100円ショップのもので可)
  • ティッシュ
  • 乳液
  • ハイライト
  • 明るめのリップまたはグロス

などがあると、カンタンにメイク直しできそうですね。

まとめ

いかがでしたか?『夕方のメイク直し、疲れた顔でも明るく見せる方法は?ポーチに入れておきたいものとは!』
これまでをまとめてみると「ほんのひと手間」で明るくなったり、華やかな雰囲気が作り出されるのに、ついつい上から塗ってしまう・・・

比べてみると、かかる時間はほんの1~2分のことかも知れません。

それなら、少しだけでも、自分のことに目を向けてあげるだけで、朝と同じようなさわやかな自分で夜もお出かけできるようになり、そこから生まれる会話も行動も変わりそうですね。

特に女性は、メイクや服装で気分も変わるものです。

【スポンサードリンク】

いつもキレイな自分でいると、さらに素敵な出会いもありそうですね!

合わせて読みたい記事

記事公開日:2016年5月24日
最終更新日:2016年12月8日

カテゴリー:美容

サブコンテンツ

このページの先頭へ